(新潟県南魚沼市)東地区地域づくり協議会のブログです


by 水無みようパッション

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
加齢なる魂の日々
分館利用
日々の事
地域づくり協議会活動報告
未分類

以前の記事

2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 02月
2016年 01月

関連サイトはこちら

ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキング・にほんブログ村へ

最新の記事

続き、東地区地域づくり協議会..
at 2018-01-23 23:20
東地区地域づくり協議会第3回..
at 2018-01-23 22:38
結構な降雪に
at 2018-01-23 22:35
まあ、なんとか
at 2018-01-23 22:29
お手本です【正しい袋とじの開..
at 2018-01-22 14:11

ポスターが2枚

南魚美術協会会員展  10月8、9、10日 B&G体育館(浦佐)
まほろば30周年記念事業 11月20日(日) まほろば会場
ポスターが届きました。ご案内します。
a0346455_12083016.jpg
a0346455_12084811.jpg


# by higashichiku | 2016-09-16 12:10 | 地域づくり協議会活動報告 | Comments(0)

ピンチヒッターで市報配布

15日号市報をピンチヒッターで配布
雨を心配するも大和庁舎内で旧交を暖めて「さあやるか」と裏玄関を出る頃は、暑からず雨からずのベストコンデション。区長宅に届けながらの眺めは、普段と異なる景色で目に焼きつきます。スマホで撮影、以下写真解説。

カメラマンの腕がヘタなので解説が必要ですが、雨上がり、ガスッていて越後三山特に百名山名峰「越後駒ケ岳」がガスのなかに隠れている一枚。あの雄大なすがた、あの急峻なイワッツラが見えない分ネ、その「大きさ」「ビッグさ」が実際より巨大に(圧倒的に)迫ってきて思わず「押しつぶされてしまう」と思ってしまった一枚。
a0346455_20255006.jpg

「いい感じ」というしかない一枚です。堂島新田側からがこれ。反対の大倉側からといえばよいのか荒山側からといえばよいのか、あっち側にも「ペア」で立っています。
a0346455_20260835.jpg

都会のかたが抱く「田舎」のイメージといったところでしょうか
a0346455_20280766.jpg




# by higashichiku | 2016-09-16 00:10 | 地域づくり協議会活動報告 | Comments(0)

稲刈り体験交流会(八海山麓自然体験楽校) 実行委員会

9月13日(火)午後6時30分よりサイクリングターミナルにて
10月1日2日(土・日)実施する 八海山麓自然体験楽校「稲刈り体験交流会」(会場:八海山麓サイクリングターミナル周囲)の打ち合わせ会議がありました。市役所清水部参事の出席があり、市役所とのジョイントイベントの説明を受けました。
5月28日(日)実施された田植え交流会に続く農業体験の締めくくりイベントです。
a0346455_19442730.jpg
a0346455_19444609.jpg

ちょっと雨にぬれて艶っぽい刈り取りを待っている 黄金色の稲穂
a0346455_19470347.jpg






# by higashichiku | 2016-09-15 19:49 | 地域づくり協議会活動報告 | Comments(0)

水無みよう こよみ 第6号

食欲の 運動の 季節です
稲刈り一大イベントが農家にあります
米価下落傾向もとにかく大切な収入 努力の結果の集大成

終わるとイベントが目白押し
9月18日(日)     水無川ふれあい祭 水無橋チョイ上流にて
10月1日2日(土・日) 八海山麓自然体験楽校「稲刈り体験交流会」 八海山麓サイクリングターミナルにて
10月23日(日)    水無渓谷リバーウォーク 八海山麓サイクリングターミナルにて
a0346455_09303919.jpg

# by higashichiku | 2016-09-14 09:32 | 地域づくり協議会活動報告 | Comments(0)

白炭(はくたん)づくり (みようですみやき③)

木材を炭化させた木炭で、高温で焼成し、窯の外へ掻き出して素灰を掛け急冷させ消火して作るもの。主に備長炭など。主成分は、ほぼ炭素であり、ごく少量アルカリ塩を含む。

【性質】 白炭は硬質で、黒炭より火付けが難しく、黒炭や薪に着火させた後、それを火種として白炭に着火させるのが一般的で、多くがこの二段階の着火手法を取る。白炭は急加熱させると爆跳が発生しやすく、炭の素材自体も硬質なため注意が必要。

白炭は生成過程での高温処理の為に黒炭より炭素率が高い傾向にあり、その分、低温処理された黒炭よりは余分な燃焼ガスの放出も少ないことから炎や燻煙で食材に焦げ目や雑味が付くことも少なく、焼きもの調理に適している。

モシモシモシモシモシモシモシモシモシカメヨモシモシモシモシモシモシモシモシモシモシモシモシカメヨモシモシモシモシモシモシモシモシモシ

さてさて、はようございます。みようですみやき、初火入れよりひと月半経ち2回目の訪問。国道291号小沢商会前、
ほかよりお安い自販機で熱いのと冷たいのをコイン求めスーパー袋に入れて訪問。炭焼きびとは手際よく作業をすすめており、訪問を歓迎。ありがとうございました。
以下に何枚か作業の写真を掲載しました。

炭焼き小屋という感じになってきました
a0346455_00235106.jpg

窯から掻き出された精錬炭(とてもきれい・・・ブログの表紙に使わせてもらいました)
a0346455_00243078.jpg

出来上がった白炭
a0346455_00232469.jpg

精錬を待つ窯(作業開始だぜ!)
a0346455_00252900.jpg

入り口を開けると
a0346455_00254678.jpg

掻き出し棒を使いながら
a0346455_00260443.jpg


a0346455_00262325.jpg


a0346455_00264881.jpg

砂をかけて短時間で冷やすのよ
a0346455_00270972.jpg
出し終わったら次の「たね」(炭の原料)を窯に入れる作業に
a0346455_00272536.jpg

道具を使い整然と窯の中に立てて並べ
a0346455_00274437.jpg
「良質の白炭つくりを目指しているが、いまは試行錯誤の段階」と炭焼きびとは言った

聞こえてくるのは沢を流れる水の音だけ 「ウーム」 いっとき俗世を忘れたな
a0346455_00505391.jpg




# by higashichiku | 2016-09-14 01:12 | 日々の事 | Comments(0)